鄧婧 個展「春芽吹く」

21.4.6 TUE - 21.4.11 SUN

私は、西南大学の交換留学生として、広島市立大学で日本画を学びました。そして、日本の芸術文化を保護し尊重する姿勢や、優れた古典作品の模写を通して創作の幅を広げるという当学の学習方法に感動し、当学大学院に進学しました。交換留学生時代から合わせて4年間、学びや研究を深め、この春大学院を修了しました。

今回展示する作品は、[現状模写] 、そして[春芽]という2つのテーマに分かれています。現状模写とは、原本の退色や劣化の様子までをも写し取り、再現するものです。私にとって模写は、伝統的な技法の復刻と革新であり、日本での学習を総括するものという意味もあります。私は、この4年間で、紙、絹、壁画という3つの異なる基底材に描かれた古典作品の模写を行いました。今回展示する模写作品は、伊藤若冲筆「鸚鵡図」、「法隆寺壁画六号壁」の部分と、「弥勒来迎図」の部分です。同時に、作品制作の現場や行程をご覧いただくため、行程の初めの作業である上げ写し、制作段階で用いたテストピースも併せて展示しています。

[春芽]は、植物を題材とした作品のシリーズです。日本の雲肌麻紙と中国の多層皮紙、絹、木板など、様々な基底材を使って制作しています。私たちは、社会の急速な発展に伴い、情報が大爆発する時代に入ったことを深く意識させられました。煩雑な環境に対する嫌悪、人間関係の複雑さによる疲労から消極的になってしまうことも少なくありません。だからこそ、日常生活で出会った小さな景色を大切にして、活力に満ちた自然の清爽で暖かな色を日本画で表現したいと考えています。同時に、描く対象である自然と、制作者である「私」とを岩絵具を用いて繋げる方法を模索しています。

本展覧会は、勉強の成果ではなく、新たなスタートであると考えています。模写を「種」とするならば、制作は「春芽」と言えるでしょう。本展覧会を通して、コロナ禍の一年を過ごした人々に新しい力を感じて頂ければ幸いです。

最後になりますが、4年間私を指導してくださった広島市立大学日本画専攻の先生に感謝の意を表します。

—鄧婧

会期:2021年4月6日(火)~4月11日(日)
   13:00-19:00
場所:L GALLERY(アクセス

住所:730-0051広島市中区大手町1-1-26大手町一番ビル307号

作家在廊予定:4.6(火)4.10(土)4.11(日)

ARTIST PROFILE

鄧 婧    Deng Jing

〈略歴〉

1994年 中国・四川省に生まれる

2017年 中国西南大学美術学院絵画系中国画専攻卒業

2021年 広島市立大学大学院芸術学研究科造形芸術専攻博士前期課程修了

展示履歴

2014年 グループ展「往圣继学」展 (中国·重慶)

2015年 グループ展 文大美术学系师生漆画展 (中国・台湾)

2015年  グループ展 后立体派画会会员展(中国·台湾)

2018年 「韵律相晖」展 (中国·重慶)

2019年 グループ展 広島市立大学日本専攻「有志展」(広島)

2021年 グループ展 広島市立大学日本専攻「清和展」(ギャラリー718/広島)

L GALLERY

〒730-0051
広島県広島市中区大手町1-1-26 大手町一番ビル307号

TEL:090-4809-1812

営業時間 : 13:00~19:00 定休日 :月

SOCIAL MEDIA

ARCHIVES

Get The Latest Updates

Subscribe to our monthly Newsletter

Be the first to know about our next exhibitions.